Z32型の進化と日産の経営崩壊

2-3

フェアレディZは、1989年に4代目となります。
拡大路線はさらに広がり、完璧なパフォーマンスを求めて、最上級の性能を与えようと考えるのです。
しかし、時代はバブルの絶頂期から崩壊へ向かうときであり、10年以上モデルチェンジもされずに据え置かれることにもなります。
それだけよくできていたといえるかもしれませんが、日産の低迷期を見事に表すことになるのです。

フェアレディZの進化と放棄

Z32型は、Z31型を進化させることで作られました。
S30からS31のような正常進化という形ではなく、さらに高性能なスーパーカーを目指していたといえばいいでしょう。
あまりに空力に特化していたことから、極端な流線型ボディを持っており、非常に高い存在感を示したのです。

ただし、それまで作り上げてきたロングノーズでショートデッキを放棄し、ワイド&ローにシフトしました。
この形状からも、黒のZ32型は、ゴキブリZなどまで言われるほど、地面に吸い付いているように見えたのです。

整備性の問題からの巨大化

この背景には、エンジンルームの問題がありました。
巨大なエンジンを搭載するフェアレディZには、あまりにもエンジンルームの容量が少なく、整備性が異常に悪かったのです。
そこで、流線型のボディを与えることによって、ボンネットを高くしつつも、全体は低く見せるようにした形状を作り上げました。
このことから、Z32型は3ナンバーボディにもなり、フェアレディZを捨てたともいわれたのです。

この巨大なボディを走らせるために、高出力化されたVG30DEとツインターボのVG30DETTが搭載されたのです。
特にVG30DETTは、日本車で初めて280psを達成します。
これだけのパワーを支えるため、R32の電子制御式4WSも搭載させコントロール性を向上させたのです。

日産の経営危機とZ32型の行く末

Z32型は確かによくできた車でした。
しかし、こんな大きな車を維持できるような時代ではなくなっていたのです。
日本の経済は、バブルの崩壊に見舞われ、だれも購入することも維持することも考えない時代へと変わってきていました。

901活動の失敗もあり、経営危機を迎えていた日産は、モデルチェンジも進めることができず、Z32型をそのままの状態で販売するのがやっとだったのです。
特にセフィーロやエルグランド、マーチなどがやっとの思いで支えていた状況で、売れることもなくなってきたZ32型は、捨て去られた存在であったともいえるでしょう。
その結果、倒産寸前の状態でルノーの傘下になってから、2000年にZ32型は生産終了し、絶版車種となっていくのです。

You may also like