日産を進化させ首を絞めることになる901運動の末路

2-5

日産が行った901運動。
素晴らしい車を生み出し続けた一方、完全に時期を見失い、降下して行く景気に対して対応することができなかったのです。
その結果、日産自動車という会社をどん底にまで突き落とすことになります。

野心あふれる901運動

901運動とは、1990年代に世界で1番になろうという野心の現れたものでした。
1980年代を見てみると、日産自動車の販売シェアはどんどんと落ちていくのです。
それもバブルの時期なのにもかかわらず、日産車は売れなくなってしまいます。
そこで、性能向上を目指し、901運動を立ち上げていくのです。

901運動は、全車種を対象に、シャシーから見なおしをかけ、エンジンやハンドリング、サスペンションなどを含めて品質向上のための技術革新をしようというものでした。
確かに、Y31やY32のセドリック・グロリアやA31セフィーロ、R32スカイラインなど素晴らしい車を生み出していきます。
ATTESAシステムやHICASなどもこの901運動の結果で生まれてきたのです。
RB26DETTなど名機も誕生し、日産のブランドイメージは一気に向上したといえるでしょう。
しかし、これが経営とはリンクしていなかったことが問題だったのです。

景気動向の判断の失敗

時代は1990年代後半に入り、バブル景気がおかしくなっていきます。
バブル崩壊ですが、この結果、販売台数は一気に高架線をたどるのです。
901運動によって、車は高機能になりましたが、その分だけ膨大なコストがかかりました。
それを取り返すためには、車を売らなければいけませんが、すでにどの車も高額な設定にしなければ取り戻すことができなくなって行っていたのです。
環境対策ということも行わなければならず、コスト削減をしたくても901運動がすべての足を引っ張ることになるという、皮肉な結果が待っていました。

すでにかけたコストは取り戻すことができず、さらにコストカットするために開発をしなければいけないのは、悪循環となり首を閉めます。
ですが、901運動という存在が積極的にコストカットを進めることをできないようにしてしまったのです。
良い車を作れば売れるかもしれませんが、時代の要求を無視すれば首を絞めるという点系であったといっていいでしょう。
結果として、先を読むこともできずに始めた901運動は、日産を倒産寸前まで追い込むのです。

足かせとしかならなくなった901運動

901.運動以降の日産は、迷走を続けます。
どう見ても売れないようなフォルムの車を作り、崩壊を加速させるのです。
結果として、ルノーとの資本提携を結び、傘下にはいることで経営の立て直しを図っていくことになります。
当時は、これで日産は終わったといわれたのです。
ですが、日産にやってきたカルロス・ゴーンは、見事に日産を立て直していきます。
その代りに、数多くの車がコストカットの名目で廃止され、統合されていくことになるのです。
本来は、日産自ら行わなければいけなかったことも、理想だけを追い求めた901運動という言葉が足かせになったといってもいいでしょう。

You may also like