最強とよばれながらもGT-RではなかったRSターボ

2-7

日産の名車といえば、フェアレディZやスカイラインGT-Rとなるでしょう。
しかし、その陰に隠れ、史上最強のスカイラインといわれ続けているのがスカイラインRSなのです。
排ガス規制がかかり、自動車業界としては暗黒時代ともいわれた時期でした。
そんな1981年に6代目スカイラインは誕生するのです。

最も異端なスカイラインとして

排ガス規制により、ケンメリがあっという間に生産を終え、6代目スカイラインがデビューします。
スカイラインの歴史の中でも、4気筒エンジンであるFJ20E型を搭載することになるのがRSだったのです。

GT-Rを名乗るための条件として、6気筒エンジンであるということがあります。
ところが、FJ20型は4気筒なのです。
それでも、DOHCツインカム4バルブで150psを発揮し、商業用のH20型をベースにすることで高い耐久性を持っていました。
チューニングすることによって、500psでも耐えられるといわれたほどの強度を持っており、最高レベルのポテンシャルを持っていたのです。
それでも、このエンジンは6気筒ではなかったため、GT-Rではありません。

スーパーシルエットへの復帰

1983年には、ターボを追加し、190psまで発揮できるようになったRSターボが発売されます。
今では考えられませんが、滑らかに出力を上げていくのではなく、ブーストがかかった瞬間に急激な加速を見せるどっかんターボと呼ばれたのです。
車体も軽かったせいで、直線では驚くほどの加速力をみせました。
ただし、低速はスカスカであったため、峠などではとても扱いにくい両極端な性能を見せたのです。

そんなRSターボは、レースにも復帰します。
時はシルエットの時代で、スカイラインスーパーシルエットとして姿を見せることになりますが、その時の出力は600psもあったといわれているのです。
これもまた最強伝説の一つといっていいでしょう。

今でも魅力あふれるRSターボの鉄仮面

マイナーチェンジをうけ、後期型になるとフロントマスクが変更となり、鉄仮面と呼ばれるようになりました。
1984年には、インタークーラーも追加され205psまで出力アップするのです。

あまりにも高性能だったRSターボは、今でも魅力あふれる車であることは間違いありません。
モータースポーツへの復帰ということもありましたが、異端の4気筒エンジンでなければ、間違いなくGT-Rだったのです。
それでも、異端だったからこそ、今でも人気であり、伝説であるともいえるでしょう。

You may also like