R33はGT-Rとして失敗した車だったといえるのか

2-9

R32は、大成功をおさめます。
しかし、日産の経営は傾き、取り返しがつかないほど悪化して行くのです。
そんな中、R33が登場することになりますが、さまざまな問題を抱えながら進化させることになります。

優れた車であったはずのR33

R32はとても優れた車であったことは確かです。
売上的にも優れていましたが、スカイラインとしては4ドアが売れなかったことは確かでした。
日産の経営上の問題もあり、何とか売り上げを伸ばすためにもっと広い車を要求したのです。

R32 は、コンパクトなボディにすることで、運動性能を高め、性能アップを目指した車でした。
そのおかげで、室内は驚くほど狭かったのが、売上低下の問題であったことも確かです。
しかし、ここから日産も恐竜の進化のごとく、巨大化させるだけの車づくりに着手することになります。

ひどい評判となっていくR33

R33は、全車3ナンバー化することにより大型化させ、居住性と快適性を求めました。
その中で、2ドアはショートホイルベースにする予定だったのにもかかわらず、同じサイズにしてしまったのです。
みためにもずんぐりしたものとなり、何とも重そうなイメージを作りだしてしまいました。

スペックを見てみると、世界最速の量産車であることは間違いありません。
R32を超えるタイムをたたき出し、確かに性能を引き上げた車でしたが、さらに重量をましたボディは、とても精悍とは言えない姿でした。
結果として、性能は高くても、R33なんざブタのエサとまで言われてしまうのです。

R33は失敗作だったといえるのか

R33はそんなにひどい車であったのかといえば、実際にはそこまでではありません。
非常に高性能な車なのは確かであり、他社の車と比較しても負けません。
曲がらなく止まらない車でもなく、トラクションもしっかりしていたのです。

ところが、日産の公報は、さまざまな方法で売ろうとしました。
中には性能をごまかし、プロドライバーにインプレッションをさせるなどということまでやってのけたのです。
結果として、評判は最悪のものとなり、売れ行きを落としていきます。
本来は素晴らしい車であっても、こうした販売戦略の失敗が評判を落とし、永遠と語り継がれていくことになるのです。
その点で、最もかわいそうなGT-Rとして、R33は記憶されてしまったといえるでしょう。

You may also like