R34GT-Rにみる羊の皮をかぶった狼の終焉

2-10

倒産寸前になっていた日産は、スカイラインGT-Rとして最終型を発表します。
スカイラインの伝説の最終章としてふさわしい性能を持って生まれてくるのです。
それも、R33での失敗を踏まえた作りになったからこそ、最上の評価を得たといっていいでしょう。

本当の意味でのGT-R

R34は、日産が最も経営に厳しい1999年という時期に生まれました。
ルノーの傘下となり、コストダウンを図っていかなければいけない時代、最高の走りをもとめてGT-Rは設計されていたのです。

R33では、あまりに巨大化したボディが不評であり、それがマイルドでありながらもGT-Rらしい荒々しさを削り落としてしまっていました。
その失敗を踏まえ、R34ではホイールベースを55mm短くして、全長では75mmもサイズダウンするのです。
これにより、きびきびとしてコーナーリング性能が戻ってきました。
第2世代GT-R最後の型でもあり、ダウンフォースも意識して作られたのです。

さらに、欠点であったブレーキのだれを少なくさせるため、空気をタイヤハウジングに貯める構造となっています。
この結果、風圧によって、ブレーキが冷却できるようにしたのです。

究極のスカイラインGT-Rを目指して

エンジンも、GT-Rとして最後になるRB26DETTが搭載されました。
スペック上は280psですが、実際にはさまざまな方法で抑え込まれており、ちょっとしたチューンで400ps近くまではね上げることができたのです。
それも真紅に塗られたRB26DETTは、とても美しく見えるでしょう。

さらに重量も余計なぜい肉を削られて作られており、ホイール1本当たり1kgも減らしたりしているのです。
もともと重量に問題があり、苦しめられてきたGT-Rとしては、最後にきて解決できるように動いたといっていいでしょう。
究極のスカイラインGT-Rを作りだしたことに間違いはありません。

スカイラインGT-Rの終焉

後期型も販売されましたが、あまり大きな変更は与えられませんでした。
実際に内装は質感を上げたりすることはしたものの、性能的にはほとんど違いはなかったのです。

その中でも、Mスペックだけは別格でしょう。
乗り心地と質感の向上を目指し作られたグレードで、大人のGT-Rとして最後に出したのも、日産が目指した本当のスカイラインGT-Rとしての意地だったのかもしれません。

羊の皮をかぶった狼は、ここで終了します。
GT-Rとして独立した車となっていきますが、初代GT-Rとコンセプトは全く異なるレースカーとなっていくからです。
スカイラインとの別の道をたどった段階で、もうスカイラインGT-Rは終わったといっていいでしょう。

You may also like