日産の支え続けた孝行息子であるマーチ

2-13

日産が誇るコンパクトカーのマーチは、優秀な車です。
日産の経営が傾いたときも、支え続けたのはマーチでした。
このマーチがなければ、ルノーの支えがあったとしても、倒産していたことでしょう。

シンプルで汎用性の高かったマーチ

日産が誇るハッチバックのマーチは、1982年に生まれました。
トヨタのスターレットと市場を二分する人気であり、扱いやすいコンパクトなボディは、日本で非常に好まれたのです。
日産としても、日本車としても、ロングライフな車でした。
装備も最低限に抑えることができ、自分の好きなようにすることもできたのは大きかったでしょう。
非常にシンプルなボディ構成は、派生型のBe-1やパオ、フィガロなどを生み出し、レーシングフォーミュラーカーであるザウルスジュニアまで生み出すことができたのです。

日産を支えた名車の誕生

常に大人気だったマーチに、最も火がついたといえるのが2代目K11でしょう。
フルモデルチェンジをする際に、10年間はフルモデルチェンさせないと言い切り生産を開始しました。
やはり様々なボディ展開をしていく中で、のちにヒット車となっていく初代キューブも派生型です。

ヨーロッパ市場もターゲットにしており、非常にコンパクトでありながら質の高い車に仕上がっていました。
エンジンも1.0リッターと1.3リッターがあり、5速MTに4ATやCVTまで存在していたのですから、選択肢も多かったのです。

日本経済的にも大きな問題を抱え、日産も901運動の見誤りなどがあって、倒産まで秒読みと呼ばれていた時代でした。
そんな時に、整備性がよく、経済性の高さでも優位に立ったマーチは、全店舗販売になるなど日産を支えていったのです。
コンパクトな中にも高い性能を与えられたマーチは、他社の追従があったものの、好調なセールスを続けていきました。
世界中でさまざまな派生型も生まれ、日本では見ることがなかったセダンなどもあったのです。

カエルのマーチから海外生産へ

セールスが好調だったK11は、10年たった2002年にK12にモデルチェンジします。
ルノーと共同開発したBプラットフォームが採用され、1.4リッターエンジンも追加されることになります。
ヨーロッパでは、もっと高性能な1.6リッターまで存在しました。
カエルマーチなどとも呼ばれたK12も非常に好調なセールスで、カルロス・ゴーン体制になった日産を支えた名車といっていいでしょう。

このK12も8年間というロングライフで販売され、2010年にK13にモデルチェンジします。
国内生産をやめ、タイや中国で完全生産されるという、今までにはない生産方法に変更するのです。
低燃費の優れた車ではありますが、先代までのセールスにならないのは、やはり内装の出来にあるでしょう。
海外生産ということもあり、これまでよりもかなり精度が落ちる仕上がりは、安くても優れた車であったマーチの良さを打ち消したといえるからです。
軽自動車の台頭もあり、そこまでの優位性も持ちえない車となってしまったといっていいでしょう。

You may also like