市場をけん引したエルグランドと燃費競争の失敗

2-15

日産の経営が悪化しはじめていた頃、時代はミニバンへと移り変わり始めていました。
ホンダのオデッセイのヒットから、市場の要求が変化して来ていたのです。
そこで、日産は最上級車種として、エルグランドを投入して行くことになります。

大型ミニバンをけん引するエルグランド

日産としては、ワンボックス型の大型ミニバンで競争力がなく、ホンダのミニバンに対して優位性がありませんでした。
そこで、最上級なミニバンで3rdシートも使える車として、エルグランドを作り上げます。
座席に座る人は、みな満足できる出来上がりであり、非常に高性能なミニバンとして完成することとなって大人気になるのです。
ちょうど日産の経営が傾いていた時期であり、このエルグランドも日産を支えた名車といっていいでしょう。
時代的にも、ベンチャー企業の社長などが取り上げられるなど、格差が目立つじきで、こうした車がもてはやされることとなるのです。

確かに高性能であったことは確かで、2002年のモデルチェンジで2代目になっても、高い人気を続けることができました。
街を走る大型ミニバンといえば、どれもエルグランドだったといってもいいほど、好調なセールスを見せるのです。

トヨタの包囲網と日産の苦悩

問題はすぐにやってきました。
もともとこのクラスに強いトヨタは、若者をターゲットにしたベルファイアを大型ミニバンとして投入します。
その反面で、大人の雰囲気を漂わせるバージョン違いのアルファードも投入するのです。
さらに、もっと若い世代には、ヴォクシーのような一回り小さいミニバンも投入することで、エルグランドをあっという間に包囲します。

当時の日産で考えれば、そんな大きな展開はできません。
カルロス・ゴーンのもとで、リバイバルプランの真っただ中だった日産は、余計な経費を打ち出すことができず、結果としてエルグランドも失速して行くことになるのです。
それでも、質の高いエルグランドは、一部のユーザーに支持され、3代目も出来上がっていきます。

ハイブリッドカーの設定のないエルグランド

エルグランドの最大の問題は、質や室内の性能にあったわけではありません。
他の大型ミニバンには負けない質を持っており、最上級の仕上がりであることはまちがいのないことなのです。
しかし、時代は節約志向だったのであり、こうした大型ミニバンは、生活に大きな負担を強いるものでした。
低燃費が当たり前の時代でもあるなか、リッター5km程度しか走ることができないエルグランドは、維持することも難しい車となってしまっていたのです。

トヨタを含め、どんどんハイブリッドカーを投入する中、エルグランドの大きなボディを引っ張るハイブリッドカーを作ることができなかったのは大きなポイントでしょう。
ハイブリッドカーを投入することとなるセレナの好調なセールスもエルグランドに影響したことも確かです。

現在では、エルグランドはほとんど見かけない大型ミニバンとなりました。
それだけ他社が魅力的であり、日産自体もそこまでテコ入れしていない車となってしまったのは、残念な結果であるともいえるでしょう。

You may also like